top of page
  • 執筆者の写真天小屋 女将

美味しい記憶


珈琲とデザートで女子トークしながらの時間をお過ごしだったのは



立春の日の一コマ




あっという間に二月最後の日です


時間は砂のようにさらさらと流れていきます









一年前の今頃



始まったばかりの苺パフェを召し上がっていたのは



仲良しご常連夫婦



同世代ですし、気の良いご夫婦ですのですぐに仲良くなりまして





色々話をする気取らないお付き合いです




二人で苺パフェをつつきながら 美味しいを連発してくれっけ




実は奥様、闘病の真っ最中でして 頑張ってる人に頑張れも言えず 軽々しく言葉を発することに躊躇しながらも 美味しいの言葉に 嬉しいと返し またこれ食べにくるね 待ってるよって・・・



この日が最後の来店となりました



一番近くで支えていたのはもちろん旦那様です






日曜日、旦那様がお友達とご来店です



一年前の今日、奥様と苺パフェを食べたから



今日はいちごパフェ食べに来た




奥様は姿はないけどきっといるね・・・



一緒にここで食べてるね




あれから一年



美味しい記憶は味と共によみがえる





人生のほんの少しの時間を


美味しい記憶として留めてもらえたことに



感謝なのです



時空の中であたし達は生かされている










楽しい事も


嬉しい事も



悲しい事も




さらさらと流れて行ってしまうから


少しだけここにとどめよう



閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Opmerkingen


bottom of page