top of page
  • 執筆者の写真天小屋 女将

寒天好きが真面目に作ったあん蜜



天草から寒天を作るようになって

味の違いが分かるようになって


そして、最強の組み合わせを考えるようになりました




先ずは主役のこちら


角がしっかりしてる


固めに仕上げた天草寒天





天草を煮詰めて煮詰めて


半分くらいまでぐつぐつさせて漉したものを固めた状態



これを煮詰めます


これが天草です


海藻なのですよ


色の違いは産地の違いです


伊豆半島が一番質が良いそうです


(天草ソムリエによると)



そして、漉した後の天草をもう一度煮ていきます



あたしは「二番ジュレ」と呼んでます


漉したものに濃い目の抹茶味を付けました


二番ジュレをお皿の隅にトッピング




一番目と二番目の食感の違いを感じてほしいのです



食感でこんなに違うなんて・・・


と感じてもらえば嬉しい






餡子はもちろんですが


絶対欲しいのが塩だけで茹でた赤豆


こ奴の塩味はアクセント以上の仕事をします




ソフトクリームに黒糖シロップをトロリかけて



食すのがおすすめです






色々と言っておりますが


美味しく召し上がっていただけたのなら幸せなのです





本日からのご提供となります



閲覧数:54回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page